現在、マンション投資を主に行っているが、いつかは自分の設計した住宅で不動産投資をしたい筆者の備忘録です。

20代でマンション5戸買っちゃいました。

共通 賃貸管理

高齢者賃貸について考える。

更新日:

こんにちは。いつも応援クリックありがとうございます。↓

人気ブログランキングへ


こんにちは、ふじふじです。

 

今日は不動産の保険について考えてみます。

 

不動産の保険と聞くと皆さんはどのようなことを思い浮かべますか?

 

 

多くは賃貸で入居した際の火災保険を思い浮かべることが多いと思います。

 

しかし、最近は面白い保険も登場してきたので
こちらも紹介しておきます。

その名も、「孤独死保険」

 

孤独死。。。大家さんの中では大きなリスクの一つですね。

単純に、孤独死に限らず、人が死亡した部屋というのは
修繕にがかかります。

これも、主に消臭作業がかかるのですが、特にひどい場合は
壁ごと、床ごとを交換しなければ、
その状況を変えられないということもあります。

 

私の大家仲間の中でも。。。
そういった話はきたことがあります。

 

正直、生々しすぎて、こういった公共の場では書けません。。。

 

 

とりあえず、そんな手間のかかる修繕や、次の賃貸期間の保証まで、
してくれるというのが、この大家保険というわけです。

 

詳しくはやそれぞれの保険会社の
HPを見ていただいてもよろしいかと思います。

しかし。。。私は声を大にしていいたい。

賃貸で、孤独死が起きることに対して
保険だけが最高の対応策なのだろうか?

 

起きてからの保険だけでなく、こういったことが起きる社会に私は疑問を投げかける。

 

今後は高齢化社会が一層進んでいき、単純に賃貸を貸しただけでは、
上記なようなリスクを負うこととなる。

 

少しでも自分の賃貸物件から

賃貸の世界観を変えていきたい。

 

そんな気持ちで、日々賃貸について考えています。

 

 

 

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。



人気ブログランキングへ

サイドバー


-共通, 賃貸管理
-,

Copyright© 20代でマンション5戸買っちゃいました。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.