現在、マンション投資を主に行っているが、いつかは自分の設計した住宅で不動産投資をしたい筆者の備忘録です。

20代でマンション5戸買っちゃいました。

投資概論

不動産投資における利回りの落とし穴

更新日:


不動産投資 ブログランキングへ



不動産投資での利回りは、投資する人ならだれもが、
重要視する部分かと思います。

 

しかし、この利回りも分析の仕方によっては思わぬ落とし穴があり、苦汁をなめた人もいます。

 

本日はそんな、利回りの魔法ともいえる数字の不思議な点をお伝えします。

不動産投資を検討している人はぜひ、ご覧ください。

 

 

高利回りなのに?こんな物件を購入しました。

 

Aさんは競売によって500万円で戸建ての物件を落札しました。

なんと利回り25%!(実質利回り)

 

これはいい買い物をした。と思っていたのですが。。。

よく考えてみると、500万円の25%というと
125万円になります。

次は1棟行くつもりで意気揚々と銀行に相談しに行ったのですが、
案の定、銀行からは頭金を2割ほど入れてほしいと言われました。

Aさんは1億ほどの1棟を買いたいと思っていたのですが
2000万円もの大金、どうやって用意しようか?

という風になるわけです。

 

戸建てのみの利益で用意しようとなると
15年以上かかってしまいます。
こうなると、何のための高利回りかわかりません。

 

確かに利回りは物件に対しての収益性を表します。

しかし、物件規模を増やそうとしている人には、
時にはその物件はあまり効果的に働かない。

ということもあり得ます。

 

何が言いたいかといいますと、

高利回りといっても元が小さければ力は弱い!

ということです。

 

この、Aさんのような状況ですと、
すぐに1棟には行かず、同規模の物件を増やしていって、1棟を狙っていく。

という方式が最適かなと思います。

 

どのような投資プランで行うかは人それぞれです。

しかし、利回りという数字に振り回されて、物件の真の収益力を判断できない人も中にはいますので、
こういった記事を書かせていただきました。

 

ありがとうございました。


不動産投資 ブログランキングへ



著者のお勧め書籍

 

 

サイドバー


-投資概論
-,

Copyright© 20代でマンション5戸買っちゃいました。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.