現在、マンション投資を主に行っているが、いつかは自分の設計した住宅で不動産投資をしたい筆者の備忘録です。

20代でマンション5戸買っちゃいました。

あ行

  1. インカムゲイン
  2. 青田売り
  3. 居抜き
  4. 青色申告
  5. オーナーチェンジ
  6. おとり広告

質問: インカムゲイン

回答:

不動産の賃料、株式投資の配当、預金や債券等の利息、投資信託の収益分配金等の利益のことです。

主に、物件を運用することで得ることのできる収益の総称と考えればよいかと思います。

質問: 青田売り

回答:

不動産業界においては、未完成の宅地あるいは建物の売買等をいいます。
青田売りについては、宅建業法により広告の開始時期の制限(宅建業法33条)、工事完了時における形状・構造等の書面による説明(同法35条1項5号)、契約締結等の時期の制限(同法36条)、手付金等の保全(同法41条)の規制を受けます。

質問: 居抜き

回答:

店舗や工場などを、その内部の商品、設備、什器備品などを設置したままの状態で売買・賃貸することです。

居抜きで購入もしくは借りた場合は、以前のままの内装や設計設備等が付帯するので、比較的早期で営業を開始することが出来ます。

質問: 青色申告

回答:

青色申告(あおいろしんこく)とは、取引を複式簿記などの手法に基づいて帳簿を記載し、その記帳から売上や仕入れなどの数値を算出して、所得税及び法人税の納税の申告をすること。手書き時代に申告書の表紙が青かったことから青色申告といいます。

不動産所得がある場合には、当然に青色申告で節税をしておくほうがいいですよね。その分、きちんと申告することも義務付けられています。

この青色申告ができるのは、法人と、不動産所得・事業所得又は山林所得を持つ個人が、所管税務署長の承認を受けてすることができます。

青色申告の場合、不動産投資では事業規模で65万円の所得控除が認められています。
事業規模の一般的な考え方は5棟10室以上です。

そうでない場合は青色申告で10万円の所得控除が受けられます。

質問: オーナーチェンジ

回答:

投資用マンション・戸建等の不動産につき、賃借人が入居したままの状態で他者に売却することをいいます。
買主は新たに借主を探す手間がかからないというメリットがあります。
賃借人から見た場合家主が変わる事になります。

よく、オーナーチェンジ物件は良い物件ととらえる人も多いですが、
これに関してはデメリットも存在します。
賃借人との契約は前オーナーが交わした契約に準拠するので、
購入前に前オーナーの契約内容もチェックしておかないと、
思わぬ、出費も想像されます。

また、オーナーチェンジの物件を売る人の事情も様々です。
物件の収益があるにもかかわらず、売却をするということは
それなりの理由があります。

質問: おとり広告

回答:

実際には取引できない物件の広告のことで、客寄せのために掲載する広告のことです。
架空の物件、売却済みの物件、売主に取引の意思がない物件などの広告はすべてこれに当たリます。
そのような広告を出すことは宅地建物取引業法に違反し、
また、不動産公正取引協議会の不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)で禁止されています。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 20代でマンション5戸買っちゃいました。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.