20代でマンション5戸買っちゃいました。

現在、マンション投資を主に行っているが、いつかは自分の設計した住宅で不動産投資をしたい筆者の備忘録です。

*

銀行から融資を勝ち取るために必要な書類

      2015/05/25




定額35万円で住空間デザイン

こんにちは。

今回は銀行に融資の申し込みをした際に

必要となる提出書類について述べていきます。

 

こういった資料をきちんと揃えられることも

購入者に対する信用に関係していくので

不動産業者と連携してしっかりと揃えていきましょう。

 

1、不動産関係資料

 

これはあなたが購入しようとしている物件に関する資料です。

これを見て銀行担当者は物件が、建築基準法に合致しているか?

不動産の場所や大きさを把握していきます。

 

不動産チラシ

 

購入したい物件資料です。不動産業者からもらうことが出来ます。

一般的には売り広告になっている図面など(マイソク)を添付します。

 

 

レントロール

 

各部屋の家賃明細を記載した資料です。

この資料を基に各部屋の家賃設定や空室状況が一目でわかります。

この資料で、銀行担当者は

「この物件自体の返済能力はいかほどか?」

と判断していきます。

 

 

登記簿謄本・公図・建物図面

 

 

これらの資料は不動s何業者からもらえる場合もありますし、

自分で法務局などに行って取得する場合もあります。

 

この資料により、土地面積や建築面積、構造や築年月などを把握します。

 

しかし、多くの銀行担当者は融資審査の際に

法務局から最新の資料を取ることが多いのでなくても心配はいりません。

 

 

2、所得関係資料

 

 

あなたの所得に関する資料です。

この資料を通じてあなたの返済能力を審査していきます。

購入者が堅実な人なのか浪費家なのかを読み取る材料にもしています。

 

一般的に言うと、会社員の方は源泉徴収票と住民税決定通知書を

3年分。

 

個人事業主の方は確定申告書3期分。

 

会社経営の方は会社の決算書と源泉徴収票、住民税決定通知書が

それぞれ3期分

 

が必要となります。

 

 

 

3、属性に関する資料

 

これは本来、銀行に出す必要はありません。

 

しかし、確実に融資を勝ち取るためには銀行にあなたのことを

深く知ってもらう必要があります。

 

 

経歴書

 

住所、氏名、年齢、生年月日から勤務先、職務内容など

これまでの経歴や家族情報をまとめた資料です。

 

 

金融資産・不動産一覧表

 

所有している金融資産・不動産をまとめた資料です。

 

金融資料ではエビデンス(通牒や有価証券証書など)の

コピーもあるとなおよいです。

 

不動産に関してはあなたの所有する不動産(自宅含む)

を一覧にして、登記簿のコピーもあるとよいです。

また、こちらに関しても入居状況が確認できるレントロールがあると、

非常に心強くなります。

 

 

返済予定表

 

既に銀行からの他の借り入れがある場合は、

返済予定表も銀行に提出します。

 

 

この資産一覧表と返済予定表があると、銀行担当者に

現在の自分の財務状況を把握していただくことが出来ます。

 

 

収支シミュレーション

 

購入しようとする不動産の収支シミュレーションも必要になります。

大体、入居率80%でも返済が滞らないような収支であれば

銀行担当者も安心します。

 

 

いかがでしょうか?

 

こういった資料をと揃えることで融資前に銀行担当者を味方につけることが出来ます。

 

本来、審査資料は銀行担当者がそろえるものですが、

融資をしている担当者は同時に数件~十数件の融資案件を抱えており、

こういった資料をあらかじめ揃えておけるのは非常に

親切であると思います。

 

以上、銀行への書類提出についてでした。

 

ありがとうございます。




 - 物件購入 , , ,

サイドバー


サイドバー


  関連記事

不動産を1円でも安く買うための交渉テクニック

こんにちは。いつも応援クリックありがとうございます。↓ 人気ブログランキングへ …

現地調査を有意義に進める4つの心得

人気ブログランキングへ こんにちは。   今日は物件の現地調査について …

不動産業者ご用達の殺し文句!3選

こんにちは。いつも応援クリックありがとうございます。↓ 人気ブログランキングへ …

空室対策は購入前からしなさい!

ランキング上昇中! 少し挑戦的なタイトルとなりましたが。。。 空室対策は購入後に …

銀行からお金を借りる時の技あり一手

「金持ち大家さん」になるセミナーDVD こんにちは。 本日は銀行融資をどの銀行か …

儲かる不動産と節税する不動産

href=”https://pub.a8.net/a8v2/A8Im …

no image
不動産投資を成功させるための購入前に検討する指標(2)

人気ブログランキングへ こんにちは。 本日は、 ・物件の売却価格を予測する。 に …

頭金0、年収300万円からのマンション購入(1)

人気ブログランキングへ こんばんは。 今日はテレビの話題を取り上げます。 &nb …

銀行融資のデメリットを知ろう!

  こんにちは。   さて、前回は銀行融資のメリットをまとめ …

不動産投資で銀行融資を受ける本当のメリット

こんにちは。 さて、本日は銀行融資のメリットを整理します。   銀行融 …